専門医監修の心電図学習サイト 個別のご質問・ご相談にも専門医がお応えします

高カリウム血症

※画像をクリックすると別ウィンドウで大きな画像が表示されます

高カリウム血症の波形と特徴

高カリウム結症 - 波形と特徴
  • QRS波の幅が延長します
  • P波は減高または消失します
  • STは上昇します
  • T波が増高(テント状T波)します

実際の心電図ではこのような波形を示します。

高カリウム血症の実波形

低カリウム血症の場合、実際の心電図ではこのような波形を示します。

低カリウム血症の実波形
  血清カリウム値
(mEq/L)
心電図の特徴
高カリウム血症 > 8.0 高カリウム結症 - 診断のポイント - 1
7.0〜8.0 高カリウム結症 - 診断のポイント - 2
6.0〜7.0 高カリウム結症 - 診断のポイント - 3
5.0〜6.0 高カリウム結症 - 診断のポイント - 4
正常 3.5〜5.0 高カリウム結症 - 診断のポイント - 5
低カリウム血症 2.5〜3.5 高カリウム結症 - 診断のポイント - 6
1.5〜2.5 高カリウム結症 - 診断のポイント - 7
< 1.5 高カリウム結症 - 診断のポイント - 8

高カリウム血症診断のポイント

  1. QRS波幅の延長
  2. P波の減高または消失
  3. STの上昇
  4. T波の増高(テント状T波)

低カリウム血症診断のポイント

  1. U波の増大
  2. T波の平低化
  3. STの低下
  4. PQ時間の延長

●電解質異常と心電図変化
電解質異常の中でとくに、高カリウム血症(5.5mEq/L以上)と低カリウム血症(3.0mEq/L以下)は不整脈の原因となるので注意が必要である。

  血清カリウム値
(mEq/L)
心電図の特徴
高カリウム血症 > 8.0 高カリウム結症 - 診断のポイント - 1
7.0〜8.0 高カリウム結症 - 診断のポイント - 2
6.0〜7.0 高カリウム結症 - 診断のポイント - 3
5.0〜6.0 高カリウム結症 - 診断のポイント - 4
正常 3.5〜5.0 3.5〜5.0 高カリウム結症 - 診断のポイント - 5
低カリウム血症 2.5〜3.5 高カリウム結症 - 診断のポイント - 6
1.5〜2.5 高カリウム結症 - 診断のポイント - 7
< 1.5 高カリウム結症 - 診断のポイント - 8

高カリウム血症診断のポイント

  1. QRS波幅の延長
  2. P波の減高または消失
  3. STの上昇
  4. T波の増高(テント状T波)

低カリウム血症診断のポイント

  1. U波の増大
  2. T波の平低化
  3. STの低下
  4. PQ時間の延長

●電解質異常と心電図変化
電解質異常の中でとくに、高カリウム血症(5.5mEq/L以上)と低カリウム血症(3.0mEq/L以下)は不整脈の原因となるので注意が必要である。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

最新情報をメールでお届け

Google 翻訳

Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussian
  • facebook
  • twitter

PR

PAGETOP
Copyright © ECG-Cafe All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status