専門医監修の心電図学習サイト 個別のご質問・ご相談にも専門医がお応えします

緊急度の高い不整脈

※画像をクリックすると大きな画像が表示されます

緊急度の高い不整脈の波形と対応

心室細動:VF ただちに除細動

P波、QRS波、T波がなく、波形、振幅、数も無秩序。約150〜300/分周期で、基線は不規則

緊急度の高い不整脈 - VF

実際の心電図ではこのような波形を示します。

心室細動-VTの実波形

無脈性心室頻拍:pulseless  VT ただちに除細動(意識がない場合)

幅の広いQRS波が3拍以上連続し、頸動脈触知ができないほど血圧が低い

緊急度の高い不整脈 - pulsless VT

心静止:asystoly 二次救命処置(ALS)開始

心電図上で電気的活動がみとめられない状態。頸動脈触知もできない。擬似心静止を見逃さない

緊急度の高い不整脈 - asystoly

無脈性電気活動:PEA ALS(二次救命処置)開始

心電図上、VF、無脈性VTおよび心静止(asystoly)以外のはけいはあるが、有効な心拍出がなく頸動脈触知ができない(PEAという波形はなく、心電図上は正常波形の場合もある)

心室頻拍:VT ただちに除細動(意識がない場合)

P波のない幅の広いQRS波で波形は一定。140〜180/分の規則的な頻拍で、RR間隔はほぼ等しい。QRS波とT波の向きは逆方向

緊急度の高い不整脈 - VT

トルサード・ド・ポアンツ ただちに除細動(意識がない場合)

QRS波の極性と振幅が時間の経過とともにねじれるように変化。心拍数は200〜250/分以上

緊急度の高い不整脈 - トルサード・ド・ポアンツ

洞不全症候群:SSS ドクターコール、ペースメーカ用意

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ型があるが、突然PP間隔が延長する。失神発作に注意

緊急度の高い不整脈 - SSS

WPW 症候群に伴う頻脈性心房細動 ドクターコール

デルタ波が出現し、幅の広いQRS波となる。頻拍を呈する

緊急度の高い不整脈 - WPW症候群に伴う頻脈性心房細動

実際の心電図ではこのような波形を示します。

WPW症候群の実波形

Ⅲ度房室ブロック ドクターコール、ペースメーカ用意

PP間隔、RR間隔は一定。P波、QRS波の波形の関係が無秩序で、P波がQRS波よりも多い

緊急度の高い不整脈 - III度房室ブロック
正常洞調律
緊急度の高い不整脈 - 正常洞調律

リズムは整、心拍数60〜100/分、P波は上向き、QRS波は0.06〜0.10秒、T波は上向き

緊急度の高い不整脈 - 正常洞調律



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

最新情報をメールでお届け

Google 翻訳

Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussian
  • facebook
  • twitter

PR

PAGETOP
Copyright © ECG-Cafe All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status